りさだけど櫻田政人

ナンパで出会って結婚した友達もいますが、これはむしろ例外で、結婚どころかお付き合いにも至らない場合が多いでしょう。

知らない男性の車に乗るのは危険ですし、アルコールの摂取も避けたほうがいいです。

私はナンパに応じたことはありませんが、いわゆる出会い系サイトで親しくなった男性と直接会ったことがありました。

お昼にカフェでお茶をしただけなので、リスクはありませんでしたし、真面目な男性に出会えることもあり、やり方さえ間違えなければ便利です。

恋人を作るための時間やイベントの多かった学生の頃と違って、社会人ともなると、異性と知り合う機会を増やそうと思っても、仕事に追われてそんな時間が取れないという方も多いと思います。

仕事に追われていると、自宅には帰って眠るだけで、自由な時間は通勤時間だけといった生活になりがちです。

このような状態では出会えるチャンスは殆どありません。

ですから、空いた通勤時間で、スマホを使って出会い系サイトで異性とやり取りしてみてはどうでしょうか。

すぐに出会える訳ではありませんが、メールだけでも気持ちに張りあいが出て、恋愛する気持ちが高まるでしょう。

独身で、全く異性との出会いが無いことに焦って婚活パーティーや出会いパーティーの参加を考える人も増えています。

例えば、対人関係に自信があって、自分からアピールできる場合は出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。

ですが、誰もがそういう訳にはいかないでしょう。

会話に自信がなかったり、緊張して異性と話せないというタイプの人は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが成功率が高いです。

通勤通学の電車内で恋人と出会ったというのは映画やドラマの筋書きみたいにドラマティックです。

でも、それはほんのひと握りの奇跡でしょう。

駅でいつも見ていた相手にやっとの思いで声をかけ、連作先を受け取ってもらえたとしても、そのあとで良い反応を得られることは少ないです。

夢は夢と割り切って、会う前にメッセージ等で話せる出会い系サイトの方が、相手も恋人を探している分、交際に発展しやすいのです。

今ではほとんどの人がスマホやパソコンに親しんでいるため、それに伴って出会い系サイトを利用している人も増えているようです。

実際に出会えるためのコツは、ファーストコンタクトが上手くいくかどうかです。

例えば、メールの文体があまりに軽薄で不真面目そうなものだと警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。

とはいえ、生真面目で重たい内容ならどうかと言えば、気疲れさせてしまうでしょう。

こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると出会い系サイトでの恋人探しももっと効率的になると思います。

自分のプロフィールを登録することは、出会いサイトでは軽視してはいけないところです。

今まで会ったこともない人間同士が相手を探すのですから、プロフィールに登録してある内容とメールを手がかりにするほかないからです。

プロフィールを登録するときの注意点というと、基本的には、ですます調でていねいに、初対面の人への自己紹介だと思って書いていくといいでしょう。

会う前から理想像を熱く語ったりすると、却って逆効果になることもありますから注意してください。

もし、スマホを持っていたら、出会い系の無料アプリを利用すると、空いている時間に出会いを探せるでしょう。

ガラケーに慣れているとスマホの文字入力は時間がかかりますから、もどかしく感じるかもしれませんが、そのうち慣れますし、場所を選ばずに返信できるので便利ですよね。

合う合わないもありますし、最低でも3つは試してみるくらいの気持ちで、使いやすいなと感じられるものを探してください。

スマホのアプリには多くのコミュニケーションアプリがありますよね。

特に大半は、ラインを使っているのではないでしょうか。

それくらいメールや電話を使うよりもラインを使うのが一般化しています。

出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくライン交換するとさらに仲良くなって、二人の関係も進展するでしょう。

とはいえ、話題の振り方が悪ければ出会い系サイトでのやり取りも終わる可能性が有るので、ある程度お互いの事を知ってから、それとなく話題に出して相手の様子を探るなど、注意深く行動した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です